« 肩甲骨と酢トマトと肝臓ケアオイル | トップページ | 勉強中 »

ようやく…ジェノベーゼソース

もうそろそろ、8月も終わり。

まだまだ、毎日暑い日々が続いていますね朝晩は、何となく気温が下がるようにはなってきましたが、日中は灼熱…。おかしな夏です。

さて、8月も終わるということは…私の「アロマアドバイザー」認定試験も徐々に近づいているということ!!!きゃ~~~~この1カ月を勉強に充てるつもりが、ほとんど手をつけずじまい。いまごろ、小学生の夏休みの宿題並みに焦っています(^^ゞ明日から、毎日5時起きして、朝の1時間を勉強に充てようかと計画中。どうなりますか?!認定試験!乞うご期待!!

勉強せねばいけないんですが、やっぱり気になる最近のバーブたち。1坪ガーデンに今年、遅ればせながら植えた2本のバジル。周りのハーブたちに栄養を取られてしまったせいか、ぜんっぜん育ってません…なので、あわてて、今月になってから新たに2本をプランターで育てています。それでも、土は栄養たっぷりの新しいものにしたせいか、育ちは順調そろそろ摘芯兼ねて、昨年断念したジェノベーゼソースを作ることにしました!

031

右が我が家で収穫したバジル。左は、今日、とある産直市場で購入したバジル。(200円分) 量ってみたら合わせて120グラムほど。2回くらいフードプロセッサーを回せば作れるくらいの量です。

2年くらい前に友人Fさんから直々に教えていただいたレシピのメモを取り出し、材料の分量を確認。その時に、さまざまな本やネットのレシピサイトなどで出ていたレシピもメモしてあったので、それらをアレンジして自分好みの味にしてみました。以下は、レシピの覚書。

*ジェノベーゼソース*

~材料~(家庭用フードプロセッサー1回分)

・バジル・・・60gくらい

・ニンニク・・・ひとかけ

・松の実とくるみ・・・合わせて30gくらい

・塩・・・小さじ1

・パルメザンチーズ・・・30gくらい

・オリーブオイル・・・75~80cc(はじめは60cc用意していたけれど、途中で様子をみながら入れていたらこれくらいになった)

~レシピ~

①ニンニク、松の実、くるみなど硬いものからフードプロセッサーにかけ、細かくする。

②パルメザンチーズを加え、さらに細かくする。

③バジルを入れ、分量の3分の1くらいのオリーブオイルを回しかけ、撹拌する。

④粗みじんくらいの大きさになったら、残りのオリーブオイルを入れ、さらに撹拌。

⑤最後に塩で味付け。味をみながら塩は少しずつ足すといい。チーズの塩分もあるので…。

⑥できあがったら、瓶に移し、空気を抜いて、上部にオリーブオイルをふたをするように流し込み、瓶のふたをして完成。

*作業は手早く!あまり長い間フードプロセッサーを回し続けていると、機械の熱でバジルが黒く変色してくるので気をつけること。

032

今回、家庭用フードプロセッサーを2回回し、上の画像くらいの量が出来上がりましたもたもたしていたので、やはり変色がちょっと見られますが…まあ、家庭で使うものなのであまり気にせず…。やはりできたては香りがよく、味も新鮮でおいしい☆さっそく、玉ねぎとともにドレッシングを作り、トマトにかけていただきました~~夏の味、ですね。これがないとどうも夏という感じがしなくて。

まだまだ、産直の店にはバジルが置いてあるようですので、自宅で育てていなくても新鮮なジェノベーゼソース、作れます。どうぞお試しあれ♪

|

« 肩甲骨と酢トマトと肝臓ケアオイル | トップページ | 勉強中 »

ハーブ料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく…ジェノベーゼソース:

« 肩甲骨と酢トマトと肝臓ケアオイル | トップページ | 勉強中 »