« 珈琲教室再び。。。 | トップページ | スムージー生活 »

薬箱にはラベンダー

1398839660456.jpg

今更なのですが。。。ラベンダーの精油ってすごいなと感心する出来事がちらほら。精油は基本的に原液では使わないのですが、ラベンダーは例外。(もちろん、どのメーカーでも原液で使えるとは限りません。きちんと成分分析されている確実なデータのあるものに限ります!)

*旦那が切り傷をして出血しているところにラベンダー精油一滴
*子供がドアに指を挟み、切り傷をして出血しているところにラベンダー精油一滴垂らした絆創膏を貼る
*虫さされして掻きこわしかけた箇所に綿棒にラベンダー精油を含ませ塗布
*私の小鼻脇にできた白い膿を持った吹き出物が潰れた箇所に綿棒でラベンダー精油塗布

こんな出来事が、ここ数週間でありました。結果は、どれもこれも早いうちに回復。特に驚いたのは、ワタシの吹き出物。顔のど真ん中の目立つ場所だったので、発見した時にはかなりテンション落ちました。しかも膿んでる。。。膿が目立ったので、恐る恐る潰しました(。-_-。)ホントはやっちゃいけません(笑)血も出ますが、怖いのは膿んだ中身が他へ移ったら、また吹き出物が増えるかも?!と、そこに精油をちょんちょん。すると、みるみるうちに、痛みも炎症も夕方くらいまでには治まってきました。

その吹き出物の隣にも、まだ噴火していないもう一つの予備軍があったので、そこにも念のため塗り塗り。翌日にはそちらも治まってくれました


改めて、このメジャーなラベンダーについて調べてみると。。。

1398839662036.jpg
ラベンダーアングスティフォリア…鎮痛作用に優れ、炎症を抑え、傷ついた肌を再生させる作用を持つ。敏感肌にも使いやすく、精神、神経系の不調にも作用する。

…のです!切り傷などは、痛みと出血が治まるだけでも楽になるし、虫刺されの痒みを抑え(痒みは痛みの一種です)、炎症が治まれば広がらずに済みます。また、吹き出物は肌の再生を促して、治癒に結びつくのです。そして、怪我をして気持ちが沈んでいる子供には、その香りが心落ち着かせてくれるので一石二鳥。やはり、薬箱には置くべき精油はラベンダー。そうそう、ラベンダーにも種類がいくつかありますので、ご注意を。上の画像のようなぽってりした花穂を持つラベンダーの精油に限りますよ。このラベンダー以外では、妊婦さんやてんかん患者さんには使えないものありますので、アロマテラピーアドバイザーにご確認の上、使用してください(*^^*)

|

« 珈琲教室再び。。。 | トップページ | スムージー生活 »

アロマテラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬箱にはラベンダー:

« 珈琲教室再び。。。 | トップページ | スムージー生活 »