ハーブ栽培

マイ・プチ・ハーブガーデン2010

もう、前回のブログから早くも1か月…(>_<)

1か月ってあっという間ですが、でも、それなりにいろいろとあって…長かったというか、忙しかったというか、疲れたというか…。楽しいことあり、辛いことあり、波乱万丈でしたね~~この1か月は。

まあ、細かいことを記せばキリがないのですが、感じたのは…「忙しすぎる毎日は全てを滅ぼす」ってことでしょうか。常に、日々、キツキツの予定を入れていては、どこかに犠牲が生じ、それを続けていくことで、果ては全てを滅ぼすんですよ…(-"-)犠牲になるほうはたまらないですよね。さまざまなことに言えますが、やはり、ちょっとの余裕を持つことで、生活も、人の心も豊かになります。風水では、食後のデザートをとることが運気アップにつながるといいますが、それはデザートに幸運があるのではなく、「デザートをとる」というちょっとした時間的余裕が食事の時間を豊かにしてくれる、そして、人の心を和ませてくれる…という意味なのでしょう。

さてさて…(^^ゞ私の近況はさておき…。この夏も、私の小さな小さなハーブガーデンは、満員御礼さまざまなハーブたちが元気に成長しています。

680_2

↑まず、特筆すべきはこちら!「マロウ」です。日本名だと、「ウスベニアオイ」。名の通り、薄紅と、葵色の美しいグラデーションの花を咲かせています!今は、もう、私の身長に届くくらいの背の高さ。そして、花の数も、数え切れないほど。

674

花は、こんな感じです。薬効としては、花をお茶にすることで、気管支炎、胃炎、胃潰瘍などを鎮めたりします。根には鎮痛、鎮静作用があるようです。薬効もさることながら、このハーブの素晴らしいところは…お茶の色。

675

花びらにお湯を注ぐと…こんな風に、きれいなブルーに変わります。そして…

676

さらに、レモン汁を数滴たらすと…

677

こんなかわいらしいピンク色に変身

素敵なハーブティーですよね~~(*^_^*)正直…味のほうは…全くありません。。。なので、別のハーブとブレンドして、(せっかくのマロウの色が台無しになると悪いので、あまり色に変化のないハーブがものが良さそうです。)飲むと色も、味も楽しめそう。

そのほか…

681

↑こちらは「ネトル」。日本名は「セイヨウイラクサ」。見た目はシソの葉そっくり。でも触ってびっくり!!葉の裏にはものすごく鋭いトゲがたくさんあるので、素手での収穫は無理。知らずに、触って、さらにそのとげが着いた手で顔を触ってしまったら、しばらく痛みが取れませんでした…(>_<)

そんなネトル。成分にはビタミン、鉄、カリウムが豊富なので、花粉症予防や貧血防止に絶大な効果があります!お茶にするには一度ドライにするので、味もクセがなく、さまざまなハーブとのブレンドができます。

682_2_2

↑そして、おなじみ「セージ」。ソーセージに入れるハーブとして有名です。また、以外にもこの葉っぱの天ぷら、美味しいんですよ~~♪

683_2    

↑そして、夏のハーブの王道、「バジル」!もちろん、トマトとチーズのサラダには欠かせません(*^_^*)

685

↑蚊よけのハーブで最近、ホームセンターによく売られている「ローズ・ゼラニウム」。香りが独特ですが、止血剤としても有効なので、子供たちの擦り傷、切り傷用に庭でひっそり育ててます。

686

↑「スペアミント」。ミント類は一度根付くと、とにかく広がります。その他の植物とは離して植えないと、どんどんミントに侵されてしまいます…(>_<)

どうです?どうです??昨年はハーブの世話が満足にできずに、生やしっぱなしだったので、今年こそ、丁寧に手をかけ、剪定をしながら大切にしていきたいなあと思います。そうそう、先日こんなブーケを作りました。

061

剪定がてら収穫したハーブたちのブーケ。旦那の店にいらしていたお客さまにプレゼントしたらとても喜んでくださいました(*^_^*)お花屋さんのエレガントな花束も素敵ですが、こうして庭にひそかに咲いている小さなハーブのブーケもいいものです。

なんだか久々に、本来のこのブログの趣旨らしい日記が書けたわ外は雨。季節外れの寒さにちょっと気分も落ち込み気味ですが、この雨は恵みの雨なのでしょう。梅雨明けのガーデンがまた楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一坪ガーデン報告 ~成長中編~

梅雨らしい天気が続きます。昨日は1日雨がザーザー、しとしと…

こんな梅雨時期に、植物たちは急成長をするんですね~。

雨をたくさん、たくさん吸収して、時には梅雨の晴れ間の太陽に当たって…ぐぅぅぅ~んと茎をのばし、葉を付け、実をたわわにする…。すごいです、自然って。

そんなわけで、我が家の一坪ガーデンも、うっそうとしてきました。特に元気いっぱいなのが、こちら↓

020ハーブではありませんが…トマトです!!しかも、普通のトマトではなく、「サンマルツァーノ」という水煮や加熱調理用の細長い、イタリア産トマト。イタリア人を彷彿とさせる元気の良さがあって、他の植物を圧倒しています

019まだ実は緑ですが、どうです、この大きさ!重たそうでしょう??

017 その横のミニトマトちゃんたちは、ひそか~に赤くなり始めました!真っ赤に熟した実は触れるだけですぐ採れ、パクリと口にすると…甘いし、皮が軟らかいのにびっくり☆

018そして、うれしいのが…こちら。「カモミール」ですこれは、昨年の秋に種を蒔いて、苗になったものを大切に越冬させ、育ててきたものが、やっと、花を咲かせました!途中、アブラムシにもやられましたが、てんとう虫の活躍で、今は問題なく、育ってくれています☆

006そして、先日、このカモミールの花をいくつか摘んで…本物の、カモミールティーを淹れましたも~う、これがたまらない!青リンゴのような甘酸っぱい香りと、素敵な黄色。ちょっと欲張りすぎて、咲いていた花をすべて入れたら、最後は苦みがでたほど、味の濃いお茶になりました。

自分で種から育てたハーブが大きくなって、こんな風に活用できるなんて、まさに昔あこがれていた生活です!でも、まだ、これから!ハーブガーデンを一坪以上にできるように、毎年経験を重ねながら楽しんでいきたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我が家の庭情報

ここ1か月で、我が家の庭のハーブにも新入りたちが登場したり、春先に苗を植えた一坪ガーデンの緑が濃くなってきたり、いよいよ、植物たちが急成長する時期を迎えてきました。

そこで、ちょっと我が家の庭の様子をご紹介~

まずは、こちら↓

Cimg2092_2

「ユーカリ・グニー」です。そう、ユーカリの一種です。葉っぱをこすると、ユーカリの精油と同じ香り~鼻の通りがよくなりそうなすっきりした香り。そして、ドライにしても形や色が変わらないようで、よく、リースなどに使われているのも見かけます。何でも、元気に育てば、2,3メートルくらいの木になるんだとか…。近所のホームセンターで1株100円で売られていたので、購入してみました。

そして、こちら↓

Cimg2093

「ペパーミント」。うちには大きな鉢にペパーミントが植えてありますが、この春、一番にアブラムシの被害に遭いました…何度も精油を使った虫よけを噴霧したり、アブラムシ駆除に効くと思われることはすべてやってみた結果…見事!アブラムシは撃沈!!…がしかし、いろいろなことをしすぎたせいか、肝心なミントの株がだんだん弱ってきてしまいました。これではいけない…と元気な茎を何本か切って、水挿しをして根を出し、植え替えることに。それが、この2本です。残ったミント、わずか2本…これが、元気に育ってくれることを願ってやみません。

そうそう、この鉢。実は、キッチンコランダー。野菜を洗って、水きりするためのボールです。いい具合にそこに穴があいているので、不織布を敷いて、石を置き、土を盛ったら…見事、植木鉢に変身しました両脇の取っ手に紐を通せば、ハンギングにもできます。

そして…こちら↓

Cimg2095

こんなにハーブや野菜が大きくなりました!手前左から、マスタードグリーン(からし菜)、クレソン、エンダイブ。その後ろにルッコラとチャイブ、その後ろが(まだ見えませんが…)スイート・マジョラム。まん中に大きく育っているのが、ミニトマトとサンマルツァーノトマト、その横がイタリアンバジル。一番奥が、カモミール。

手前のサラダ用ハーブたちはすこぶるいい成長をしてくれて、毎日のサラダには事欠きません。夕方にちょっと収穫して、立派に一品ができ上がるので大助かり。奥のカモミールも日ごとに成長中。アブラムシがつかないように、毎日、毎日チェックは欠かせません!バジルも今年は多く植えたので、バジルペーストを大量生産できるかな~?と楽しみです。

こんな風に、庭のハーブを育てるのは子育てと同じですね。とにかく、毎日、様子を見ること、そして、「大きくな~れ」と声をかけること。まだまだ、ハーブ栽培は初心者の私ですが、いつの日か、大きな畑でハーブを育て、そのハーブでいろいろな楽しみを味わうのが夢です。また、夏の庭の報告もしますね。お楽しみに

| | コメント (3) | トラックバック (0)

一坪ガーデン~苗植え付け編~

少し前に、一坪ガーデンの土づくりをしました。石灰とボカシ肥料を混ぜ10日くらい経ったでしょうか。見事にふわふわのいい土ができていましたそこにさらに、市販の野菜やハーブを育てるための土(すでに肥料や腐葉土などが混ざっているタイプ)を混ぜ込みました。

もう、3月も終わりに近づき、そろそろ苗の植え付けにもいいかな…と、いくつか、ハーブ野菜の苗を植え付けることに。

Cimg1475_2

↑とりあえず、畑の3分の一くらいのスペースに…

*マスタードグリーン

*クレソン

*ルッコラ

*エンダイブ

*チャイブ

の5種類を植え付け完了。ルッコラは、昨年秋からプランターで育てていたものですが、やはりプランターでは育ちが限られてしまうので、思い切って地植えにすることにしました。元気になってくれればいいのですが…。

さて、これから暖かくなると心配なのが、害虫。鉢植えのミントにはすでにアブラムシを発見したので、毎日予防に躍起になっております口に入るハーブには農薬が使えないのが大変なところですが、頑張っていきましょう!

新鮮なハーブ野菜が収穫できたら、そのお料理もブログにアップいたしますよ

☆今日もひと押し「ブログランキング」への応援お願いします☆

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

携帯電話での応援はこちらから→ ハーブ生活ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一坪ガーデン~準備編~

ここ二日、新潟は気温20度、5月並みのお天気が続いています

そして、それに伴い、花粉もすごいことになってます耳も、鼻も、目も…顔じゅうの穴という穴すべてがムズムズ…。いよいよ、春ですね。

そんな中でも、待ってましたとばかいりに、気になっていた庭仕事をやっつけることにしました。一坪ガーデンの準備です実際、一坪ではなく、大体1平方メートルくらいでしょうか…でも1平方メートルガーデンではカッコ悪いので、なんとなく、「一坪ガーデン」と呼ぶことにしました。

義父の日本庭園にかつてあった池。家の敷地内で一番日当たりのいい場所でした。それを埋め立てたままになること数年。「これはもったいない!」とようやく、今年、土づくりから始める決心がつきました。プランターや鉢植えだけでのバーブガーデンでは、物足りない!しかも、ハーブコーディネーターの名がすたる!!と意気込みだけは一人前

Cimg1310←レンガを土に埋め込み、畑の枠を作りました。

Cimg1309_2←枠内の土を鍬で掘り起こし、「有機石灰」を混ぜ込んで、土をアルカリ性にします。ついでに、元肥の一部として、保育園からもらったぼかし肥料も混ぜ込みました。

Cimg1311←次は、ポリポットに種まき用の土を入れて、種をまく準備です。

Cimg1315←何とか、種まき終了今回は、セージ、セントジョーンズワート、ペパーミント、バジル、マジョラム、ロケットをそれぞれ、6ポットずつ撒いてみました。

ちょっと園芸屋さんのようでしょう??さて、これに無事、芽が出たら、第一ステップクリアです。このまま、暖かい気温が続いてくれれば、問題ないのですが…気候がイマイチ心配な新潟。毎日、見守って、声かけしなければなりませんね~

☆今日もひと押し「ブログランキング」への応援お願いします☆

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

携帯電話での応援はこちらから→ ハーブ生活ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

cookie the cat garden の贈り物

先日、上の子供のお友達家族の送別会をしました。パパの転勤で、大阪へ引っ越すことになったのです。春も近付くと、こんなお別れも待っていたりするのは残念ですが…。

そんなわけで、寄せ書きやプレゼントを渡したのですが、ママである私の友人がもうひとつ、「観葉植物が欲しい」とリクエストしてくれたので、我が家の庭で育ったハーブの苗をプレゼントすることに…。

ローズマリーとペパーミントです。二つとも、とても成長力のあるハーブで、しかも、あまり環境を選ばないので、初心者でも育てやすいし、滅多なことでは枯れないのがいいところ逆に、これらを枯らしてしまった経験のあるあなたは…いや、言いませんよ!あえて言いませんが、植物との相性が良くない?!なんて

そこで…

ローズマリーとペパーミントの挿し木法

ローズマリーもペパーミントも、元気で若い枝をチョキンと切って、水に挿しておくと根が出ます。ペパーミントは1週間もすれば、ぐんぐん出てきます。ローズマリーはちょっと時間がかかるので、いつまでも根が出ないからと言って、捨てないように!水は毎日取り替えて、水を入れたコップなどの内側もぬるぬるしないように毎日洗って、きれいにしておきましょう

そして、根が結構張ってきたら、土に植え替えます。小さな植木鉢でもいいし、それがなければ、使った缶詰の缶を洗って、底に穴を数か所開けてもOK。ホームセンターなどで売っているハーブの土を入れてあげるといいですよ。

これで、出来上がり!あとは、日当たりのいい室内に置いてもいいし、もう今時期なら、外での栽培も可能です。なんといっても、ローズマリーやペパーミントは寒さにも強いですから水やりは、表面の土が乾いた頃に、底の穴から水が落ちるくらいにたっぷりあげてください!今は、まだ小さくても、これから暖かくなると、グングン育ちますので、苗の大きさに合わせて、鉢も大きいものに植え替えるといいですよ。

こんな風にして、育てた我が家の小さなハーブたち。初めて、我が家から旅立つ時が来ました。素敵に洋服を着せて…

Cimg1171

ちょっとプレゼントっぽくなりましたそして、裏には…

Cimg1173

「育て方カード」を添えて…。もちろん、「cookie the cat garden」のロゴマーク、pommeさんのはんこもぽちっとついてます

自分の子供をお嫁に出すような気分で…「大阪に行っても元気で育つんだよ~」と声かけをして、贈り物にしました。

今回は、自分の育てた物を初めてプレゼントにしましたが、友人にも喜んでもらえたこともあり、今後も、こんな風に誰かの大切な贈り物を育てていけたらいいな~と思ったりもしました。何か、この時期、プレゼントのご用命がありましたら、できる限り相談に乗りますのでご連絡くださいね 

☆今日もひと押し「ブログランキング」への応援お願いします☆

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

携帯電話での応援はこちらから→ ハーブ生活ブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ルッコラ

年が明けていくらも経たないのに、もう新年の誓い(?)を破りつつあります

ブログ更新を「できるだけまめに」・・・ということでしたが、結局、1週間に1回くらいしか更新できていませんよね。でも!でも!ネタはあるんです!!カメラのデータを見ていただきたいくらい!いろいろとブログに載せようと、写真は撮りためてあるんです

やっぱり、この生活サイクルを変えない限り、仕事以外でPCに向かう時間を確保するのは難しいのでしょうか?!でも、せっかくのネタがもったいないので、記録がてら、過去の日記になりますが、いくつか更新していきます☆(今日は12日ですが、8日付になります!)まずは、ルッコラ。

Cimg0661_2秋に種まきをして、この冬、温室代りの我が家の玄関先で収穫している、ハーブの一つ。「ロケット」とも呼ばれ、葉にほんのりゴマの香りがあり、一度に多く収穫できるので、サラダに利用されるダイコンの仲間のハーブです。…が、我が家のルッコラ、なんか、さみしくないですか??

Cimg0662種まきからの過程が良くなかったのか、徒長(ひょろひょろして成長すること)しているようですハーブコーディネーターの先生にも指摘されたのですが、このままではしっかりしたルッコラの収穫は無理だと…。でも、せっかく育っているのに、ダメにしてしまう勇気もなく、育ててきました

Cimg0663味は…自分でかわいがっているからというわけでもないのですが、結構美味しいのですこんな風に、サンドウィッチに挟んだり、付け合わせのサラダにしたり、ちょっと青いものがたりないなあ~という時に、玄関先でチョンチョンとつまめるのがとっても便利

やはり、自分で育てたものは、農薬や殺虫剤などの心配がないので、洗わずに使えるのが一番。ハーブは香りが命です。洗ってしまうと香りが半減寒いところで育つ、冬場のルッコラは少し葉が硬く、味は苦味がありますが、それもハーブらしいところ。この冬いっぱい、お世話になるハーブです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専業主婦な数日

先週末から少し買い物をし過ぎています。

これといって特別、どうしても!!というようなものではないのですが、行ったついでにこれも買っておこう…的な一番意味のない買い物の数々結局、外に出かけるからこういう事態に陥るのだと確認し、ここ数日は、車を使った外出はしないことに。

まあ、これから年末にかけて、仕事も忙しくなってくることだし、家に缶詰もちょうどいい…なんて思いながら、ここ二日、新潟はめっぽういい天気もう、こんな晴れ間はどんどん減ってくるんだ…と思うと、家にいながらもすることはたくさん専業主婦の数日です。

*土曜日に旦那の兄家族がくるので、めったにしないところまでお掃除

*↑兄の娘が結婚するので、ご祝儀やプレゼントなどお祝の準備

*↑の来客に合わせて、義父が介護施設から外泊をするので、掃除&布団干し

*↑の合間に仕事の打ち合わせ&仏壇掃除

*クリスマスイルミネーションを庭の木に設置

などなど、ほぼ、「パーフェクトな妻」状態で専業主婦をこなしておりました。

そんな合間に、庭仕事もちょこちょこ…

Cimg0300_2←ようやく、ローズマリーの剪定をしました!!伸びきっていた枝を例の剪定鋏できれいにしました切ったローズマリーはドライにしています。

Cimg0301←新しい葉がぐんぐん伸びていたレモンバーム。残念なことに、一部、うどんこ病が発生。駆除すべく、ほぼ、全部の枝を刈り込みました…

Cimg0302←まだ、頑張っていたバジル…ですが、もういよいよ、新しい葉も出なくなり、香りも薄れてきたので、今年最後の収穫にしました。

Cimg0303

←それでも、小さなざるにいっぱいの葉を収穫。バジルペーストにして保存です。

おまけ

Cimg0304_2

←先日のりんご煮でアップルパイを焼いてみました。それなりの見た目にはできました味もそこそこイケてました。中身はりんご煮にレーズンのブランデー漬けを刻んだものとシナモンパウダーを混ぜ込み、ちょっと大人味に。バニラアイスとともにいただくと絶品

そんなわけで、明日は、お客様がいらっしゃる日。義父が帰ってくる日。嫁の仕事がたくさんの週末になりそうです。はあ~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

庭仕事2

久しぶりのブログ更新となりました。

先週末から今週半ばまで、私の実家である神奈川と母の実家である静岡に行ってました。たったの5日間でしたが、こんなにも長く家を空けるのはこれもまた久しぶり。

いつもの帰省ならば猫のクッキーは家でお留守番。…がしかし、今回は一緒に旅をしました慣れない車での移動に終始「にゃーにゃー」かわいそうな日々でした。ようやくそんなストレスな毎日から解放され、慣れ親しんだ大好きな我が家で、さっそくひなたぼっこ「やっぱり家は最高にゃん」なんて声が聞こえてきそうですね。

Cimg0148

さて、旅の間は、留守中の庭のハーブたちも心配の種でしたが、まだ秋も半ばで寒さも思うほどではなかったようで、まだ、ぐんぐん成長中

昨日はお天気もよかったので、仕事をさておき(いつもさておいている印象がありますが、ちゃんとしてますよ、仕事)、以前の庭仕事の日記でメモしておいた、「すべきことリスト」のうち、

ルッコラの種まき

フェンネルの種の収穫&剪定

を行いました。正確に言えば、ルッコラは帰省前に種まきはしたので、「ルッコラの間引き」作業でしょうか。

Cimg0149←プランターにひしめくように出てきた新芽。

間引きとは、このままでは、どの株も大きくはならないので小さな芽や弱そうな芽を摘んで、株と株の間に隙間をつくる作業です。

間引くと…

Cimg0150_4←この通り、隙間ができてすっきり。もう少し大きくなったら、さらに間引いて間隔を広げます。

この小さな新芽、間引いたものもしっかりルッコラの味がするんですなので、もちろんサラダとしていただきましたよ

そして、フェンネルの剪定を兼ねて、種の収穫作業も途中まで終わりました。

Cimg0151←写真だとわかりにくいですが、ひどく伸びきって、頭がうなだれている、剪定前のフェンネルです

Cimg0152←剪定後。…というか、もう何もなくなってしまいました(笑)

フェンネルは冬、完全に地上に出る部分は枯れてしまうので、こうして、根元から刈り取ってしまうといいようです。

さて、刈り取った茎と種ですが…

Cimg0154←まだ完全に種が乾燥していないので、こんな風に洋服ラックに引っ掛けてみました。

只今、我が家の小屋でにあり、そこは、旦那のバイクやら、雑多なものの臭いが立ちこめていたのですが、フェンネルを乾し始めたら、い~い香りがするではありませんか

ほんの数日我が家を離れていただけなのに、庭仕事をする時間がいつもよりいとおしく感じられました。

・・・と書いているそばで、子供がぐずって起きましたここのところ、毎日です。夜だけが唯一、リラックスできる私一人の時間。それを邪魔されてばかりいる毎日…正直、きついですこんなイライラをハーブティーに治めてもらっているのですが、なかなか子育ては難しいものです。

ちょっと愚痴になりました

                           

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すっきりしました・・・ラベンダー

おとといの夕方、天気もまずまず、ちょっと時間も空いたので、気になっていた庭のラベンダーを剪定しました。あちこちに伸びきった茎や、ちょびちょび咲いている花穂など、一気に刈り込みました。ジャ~ン

Cimg0095

お分かりになりますか??何気な~く丸みを帯びたフォルムになったのを・・・。剪定前の写真を撮っておくべきだったなあと今頃になって思ったのですが、慣れない剪定鋏を駆使して一生懸命カットいたしましたそうです、右横にある植木屋さんのような剪定鋏です。

夢中になって刈り込んで、遠くから眺めては形をチェック。「はあ~、終わった。お茶でも飲もう・・・」と左手で急須を持って、右手でポットからお湯を汲んでいるときのこと。左手がぷるぷるぷる震えているではありませんかっ一体、どうしてしまったのだろう・・・もしや、何か悪い病気にでも罹ってしまったか?!

・・・違いました。剪定の時に、慣れない鋏を一生懸命使ったのが原因でした。震えは夕方で止まったものの、次の日には両腕筋肉痛になり、肩こりまで悪化する始末自分の体力のなさに、改めて落胆しました。ちょっと庭いじりをしただけでこれです。

それにしても、剪定鋏、改めて持ってみると結構重いんです。義父が庭の松を自分で剪定するために使っていたものだとか。松の枝葉を切るくらいですから重くなくては話にならないんでしょうけど。・・・植木屋さんの御苦労、身にしみて分かりました。

さて、話は戻りますが、剪定をしたおかげで、夏からちょっと悪くしていた関節炎がまたぶり返したようだったので、「関節炎に効くハーブティー」を作ってみました。レシピです。

Cimg0089

①以下の材料を用意

リンデン(花&葉)・・・ドライ少々(左下)

ローズバッズピンク(バラのつぼみ)・・・4,5個(右下)

ペパーミント・・・フレッシュ10センチを2枝くらい(中央)

Cimg0090②材料をすべてポットに入れ、熱湯を注いで、蓋をして、3分蒸らす。写真用に蓋を開けましたが、ホントは我慢!決して開けてはいけません・・・

ミントのグリーンやローズのピンクが鮮やかできれいですよ

Cimg0094_2 ③カップに注いで、ミントの葉を浮かべたら出来上がりちょっとつまめる甘いお菓子などを添えれば、疲れも吹っ飛ぶ午後のひと時です。

初・オリジナルレシピに挑戦しましたが・・・味は、う~ん、私的にはイマイチ。香りはほんのりローズで、味はすっきりミント、リンデンはほとんど味はなし。もう少し、割合を変えてみたり、ミントもドライにしてみたり・・・など改良の余地はありそうです。でも、関節痛の効能としては良さそうかな。(リンデンとミントに効能あり。ローズは飲みやすくするための香り効果です。)

ちょっとハーブのいい話

vol4. リンデン

実際、リンデンを知ったのはハーブコーディネーターの勉強を始めてからのこと。いまだに実物はドライしか見たことがないのですが、ハーブティーの世界では結構な有名人らしいのです。花と葉を使うお茶と木の皮の部分を使うお茶があり、薬効もことなるのだとか。花と葉のお茶は、イライラや緊張感を緩和して、心配事があり、眠れないときに飲むと安眠を誘ってくれるとのこと。フランスでは、落ち着きのない子供にこのお茶を飲ませる習慣もあるそうです。(・・・家の子にもいいかも今度ぜひ、試してみます・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧