ハーブ&あれこれ

フェンネルとキアゲハ

1376549609923.jpg


久しぶりにハーブな話題。今年も遅ればせながら、庭のフェンネルというハーブにキアゲハの幼虫がやってきました!毎年初夏にたくさんの幼虫を見ていましたが、今年はなかなか現れず…がしかし、遅い梅雨明けと同時に、八月に入ってようやくその姿が!!初めは、うひぃーーーーΣ(゚д゚lll)と思いましたが、その姿を毎日見ているうちに、愛おしくなり、夏の終わりにたくさんのキアゲハたちが美しく飛んでいる様子が季節を感じさせてくれるように…。


1376549611661.jpg


まあ、確かにこんなに増えると…ゾワッとしますが…何匹いるか数えてみてください(^^;;さて、このフェンネル。セリ科のハーブで、葉っぱやタネはピクルスの香り付けにも使われるディルとよーく似ています。魚料理の臭み消しや、サラダ、タネはお酒に漬けてハーブ酒にもできますが、我が家はあまり活用していないハーブだったり(^^;;そうだなあー、なんのために育てているんだろ?いや、育ててなくて、何となく育ってしまうんだ(笑)種が飛んであちこちに小さなフェンネルが顔を出しているくらい元気です。

続きを読む "フェンネルとキアゲハ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローレルの香り

1374799074190.jpg


ようやく週末。毎日のお弁当、意外に食材も使うので週末になるとおかずがちょっとさみしげ?!今日はチャーハンでごまかしました…おかずは手抜きで冷凍食品も活用。あんまり頑張りすぎても、毎日続かないですしねー(^^;;


そうそう、今日の話題はこちら↓

1374799075925.jpg


我が家の庭にあるローレル。2年くらい前に、裏庭で細々と育っていた木を日当たりのいい場所に移しました。その年は全く育たず、ミノムシに葉っぱを食い尽くされる始末。でも、この春からどんどん伸び始め、新たしい葉っぱも続々出てきました。

続きを読む "ローレルの香り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十薬

「十薬」ってご存知ですか?

「ジュウヤク」と読みます。これです。

Cimg2103

分かりましたか?!そう、「ドクダミ」です。よく、道端にこんな風にして、石の間やアスファルトの間から生えているドクダミ。名前からして、なんだか、毒のありそうな、いや~な感じがしていましたが…最近、図書館でこんな本を見つけて読んでみました。

51vr5bn4w2l__bo2204203200_pisitbsti←「ドクダミってすごい!」です。そのまんまのタイトルですが、読み終えると、それが、ホント、ドクダミってすご~い!と思ってしまうほどの1冊。ドクダミの効能から、使い方から、なにからなにまで載っていて、これを読んでしまったら、庭のドクダミを大切にせずにはいられませんでした…

要点をまとめると…肌のトラブルには、生葉をすりつぶして直接塗布したり、血液サラサラ効果を狙いたいなら、乾燥させてお茶にして内服、また、アトピーや乾燥肌、蓄膿症や中耳炎にもいいとのこと。生でも、乾燥させてでも使用可能で、もちろん、自然の植物なので、副作用もなく、どれだけ摂っても安心なのだとか。

そんなわけで、我が家の裏庭のじめ~っとして、雑草しか生えていないようなところに繁茂してきたドクダミをもう足蹴にはできなくなりました。我が家のドクダミ様です。

Cimg2104

しかし…おそらく知っている方は…あの匂い…耐えられませんよね一度嗅いだら、忘れられない恐ろしい匂い。何でも、ドクダミ青汁は本当に体にいいらしいのですが…それだけはできない!!

…というわけで、最初は、葉を乾燥させて、お茶を作ることと、生葉をお風呂に入れて入ることから始めてみようかと思いました。何でも、6月から9月の白い花が咲く時期が一番効果が詰まっているドクダミらしいので、今からがチャンスです。

Cimg2105

花が咲いたドクダミを中心に、今朝、刈り取り、葉っぱをざっと洗って、天日干し。その後数日、風通しのいいところでからからになるまで干せば、乾燥ドクダミの完成!なんでも、乾燥させるとあの独特なにおいがうそのように消えるので、お茶が一番飲みやすいのだとか。ほうじ茶とブレンドして飲むとさらに香ばしくていいそうなので、楽しみです!

ここのところ、疲れや、ストレスで…暴飲暴食続き。きっと血液ドロドロなんだろうなあ~と想像中。ドクダミ茶で体も心もきれいになりたいな。

あ、ちなみに「十薬」っていう名前は、十もの薬効があることから名付けられたものだそうです。薬局で乾燥ドクダミを購入したい場合は、「十薬」といえば売ってくれるみたいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の香り…ペパーミント

久々に雨もやみ、少しいつもより暖かいな…と感じた今朝。

先日、友人に借りた、「100回泣くこと」(中村 航/小学館)という本を昨晩読み切り、大泣きしたせいか、目が腫れあがり、視界がぼやけ、気持ちもいろいろと考えが過ぎり、全体的にぼんやりしていました。

我が家の玄関先に越冬させているハーブたちは、しばらく水やりをしていなかったので土が乾いていたことに気づき、しばらくぶりでじょうろで水やりをしました。ボケっとしていたのか、段になっている鉢置きの上の、とても重たいペパーミントの鉢植えの反対側の鉢を持ち上げてしまい、ペパーミントの鉢植えがまっさかさまに落下あちゃ~

Cimg1095←心ここにあらず…ハーブを見てはいたものの、気持ちはどこかへ置き忘れたままの水やり。ペパーミントの鉢植えを持ち上げたら、見るも無残に茎がいくつか折れ、葉っぱも散らばってしまいました。

しかしながら…その瞬間。しばらく香っていなかった、ペパーミントの香りが…ふわ~っと。ふわ~っと…相当な衝撃だったのか、茎が折れたその場所から、とてもさわやかな香りがしてきました。

いままで、冬の間、寒さに耐えて、葉っぱの中に溜めていた香りが一気に飛び出たような瞬間。「もうすぐ、春なんだ」と感じました。

やっぱり、フレッシュハーブの香りは素晴らしい冬の間、忘れかけていた、フレッシュの良さを改めて感じました。ぼんやりしていた頭も瞬間にして、スキっと晴れ上がりました

「100回泣くこと」…病気で家族や親せきを亡くしたことのある人であったら、心から悲しくて、泣けて泣けてしかたがないかもしれません。でも、今を生きている自分たちは、大切なものの死を抱きながらも、これからどう生きて行ったらいいのか、どう考えていくべきなのか…考えさせられます。

きっと、これから、ペパーミントの香りを嗅ぐたびに、この本を思い出すんだろうなあ。いや、でも、たびたび思い出して、今の自分の幸せをしっかり確かめなければいけないと思います。

ちょっとわけわからない文章になりました…。自分の中ではつながっているんですけどね。

おまけ

Cimg1093←我が家のクッキー、相変わらず、だらだらした日中です。でも、体重6.4キロになりました。

Cimg1094←関係ないですが…猫の何が好きって、鼻とひげが大好きです。

☆今日もひと押し「ブログランキング」への応援お願いします☆

にほんブログ村 健康ブログ ハーブ生活へ
にほんブログ村

携帯電話での応援はこちらから→ ハーブ生活ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑茶の化粧水

以前、梅酒の化粧水を作ったときに、「緑茶の化粧水」も作ります…と書きました。

ベースになる、緑茶ウォッカができたので、さっそく化粧水も作ってみました。

Cimg0729

↑写真、一番左のスプレーボトルに入っているのが、緑茶化粧水です。その隣が、緑茶ウォッカ、そして、材料のグリセリン、精製水です。

作り方はいたって簡単、緑茶ウォッカ、グリセリン(ひび割れ、あかぎれなどに直接塗る薬品として薬局で売っている液体です。)、精製水を0.5対0.5対9の割合で混ぜるだけ今回は、5ml、5ml、90mlで混ぜ、100ml作りました。香りは、ほ~んのり緑茶。スプレーした感じは、しっとりすべすべです梅酒化粧水は、梅酒のせいかちょっとべたつき感がありましたが、緑茶はさらさらしたしっとり感です。これは、好みと肌質によって使い分けるといいかもしれません。

梅酒化粧水は、ただいま我が家で大活躍子供達も、旦那さまもお風呂上りにぺたぺた塗っております緑茶には抗酸化作用があるので、吹き出物などの肌トラブルにもよさそうです。

お知らせ

緑茶ウォッカがたくさんあります。化粧水を作るのに必要なのはほんの小さじ1杯程度。もし、作ってみたい方がいらっしゃいましたら、お譲りしますただし、知り合いの方だけということで…。お近くで、もし欲しいというかた、いらっしゃいましたら、ご一報ください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初買い・福袋

あけましておめでとうございます

2009年が始まりました。

年末はお正月準備をしてから、義父を我が家に迎え、お雑煮、おせちなどをいただきつつお正月を過ごし、お年始にいらした親戚をもてなし、家に飽きた子供たちの相手をしながら、ちょこちょこと外へ出かける毎日が続き・・・もう、いい加減、家族べったりの時間にお互いものすご~くストレスを感じ始めてきた今日、4日です

「明日は保育園だよ~良かったねえ~お友達に会えるよ~」と子供たちに話しかける私が一番うきうき待ちわびているのでした・・・。

さて、昨日、3日はお気に入りのお店、「ルマ・デ・チカ」さんの初売りでした。年末に福袋を予約したので、取りに伺うべく、いろいろなイベントがあるとのことで家族全員で出かけてみました。

お店では、ティーパーティーの福袋と雑貨の福袋それぞれ、3000円、5000円、1万円が当日分も用意されていて、柚子のフルーツポンチも振舞っていただきましたメンバーズカードのスタンプの数で福引が引けたり、いろいろなプレゼントをたくさんいただいて帰ってきました新年早々、とても得をした気分でしたありがとうございました!!

Cimg0648私が今回予約したのは、3000円のティーパーティーの福袋。

入っていたのは・・・

Cimg0650

*ティーマット・ティーポットカバー・マグカップセット

*ハーブティーバッグ(缶入り)

*デザートスプーン・フォークセット

*BOHティーのティーバッグ

*ルマ・デ・チカさんでオリジナルハーブティーをブレンドしていただける商品券

なんといっても、嬉しかったのは・・・最後の商品券オリジナルブレンドをしていただけるのは一番ありがたいサービスです。

Cimg0652そして、新たに購入したのは・・・ゼラニウム、ペパーミントのエッセンシャルオイル、カモミールのドライハーブ30グラム、以前にブレンドしていただいた「大地の恵み」。

以前にブレンドしたものを再度購入すると、20%オフで購入できるとのことで、これまたお得感

Cimg0653おまけに、福引3回もさせていただき、こんなプレゼントをいただきました

ティーカップ&ソーサー、香りのする携帯カイロ、圧縮タオル(キャンディー型)。

子供達も大喜びでした

そんなわけで、2009年初買いは福袋。大好きなお店の品をお得感たっぷりで購入できて大満足なお買いものになりました。幸先のいい滑り出しになった2009年。みなさまの1年も実り多い、笑い溢れる年になりますように

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無添加・簡単・梅酒化粧水☆

いよいよ、年の瀬、今年も今日で終わります。

例年になく、忙しい師走を送り、ハーブティーを飲んで、心を落ち着かせる以外、これといったハーブ生活を送ることもなかったのですが、昨晩、お正月用の小豆を炊きつつ、ちょっぴり気になっていた物を作ることに。

図書館で借りた「和のアロマテラピー」(西東社・宮川明子著)という本。何気なくタイトルだけ見て借りてみましたが、アロマテラピーの常識を覆すような素敵な提案がいくつも載っていて、とても気に入りました。

Photo

アロマテラピーといえば、ラベンダー、カモミール、ローズなど、洋風なイメージがありますが、日本で馴染み深い植物や食べ物(たとえば、緑茶やゆずなど)も立派にアロマテラピー効果をもつものがたくさんあり、そんな身近なものを利用しながらアロマテラピーを生活に役立ててみましょう…という提案が載っていました。

そんな提案のなかで、私の興味を引いたのは、「梅酒化粧水」「緑茶化粧水」。なんといっても、簡単です。

Cimg0637_2材料・・・梅酒 10ml・精製水 90ml

レシピ・・・上記の材料を混ぜ、市販のスプレーボトルなどに移し替える。以上!

簡単すぎますが、ホントにこれだけ。半信半疑で作ってみましたが、とっても”素敵な”化粧水になりました。というのも、スプレーでシュッと一吹きすると、梅のふんわり甘い香りが漂います。これでまず、梅の香りに癒され、顔や手にぺたぺたとなじませると、今までカサカサだったお肌がしっとりプルンとするんです本によると、梅酒には保湿効果があるそうです。近頃、冬の空気や室内の暖房による乾燥で、肌が相当かさついていたのでこれはお役立ちの品となりそうです。

また、「緑茶化粧水」は、ベースとなる「緑茶ウォッカ」を製造中なので、後日、改めて報告いたします!

注意・・・化粧水を作る時は、必ず、「精製水」を使用してください。水道水にはいろいろな不純物が入っているため、保存には向きません。精製水は薬局で、非常に安価に購入できます。コンタクトレンズ用の精製水でもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレーヌーボーの夕べ

気がつけば、このブログを始めて早2ヶ月、そして、アクセス数が1000を超えました

世の中に出ている素晴らしきブロガーのみなさまに比べれば、稚拙で、自分勝手なブログではありますが、こんなにもたくさんの方々の目に留めていただけたことをありがたく思っています。ありがとうございます!!そして、よろしければ、コメントを残していただけるとより嬉しいかな~と

さて、先週の木曜、11月の第3木曜だったわけですが、今年もボジョレーヌーボーが解禁となりました。以前の盛り上がりに比べ、毎年、少しずつ下火になってきたボジョレーヌーボーですが、ワイン好きの我が家はとても楽しみにしているイベントの一つです。

毎年、この時期に、とある友人家族と食事会をしているのですが、今年は赤ちゃんが生まれたばかり。出産後&飲めないママに、ワインでベロベロの旦那さんを連れて帰ってもらうのは酷だろう…ということで、今年は「子供の保育園ママ飲み会メンバーズ」を誘って「第一回ボジョレーヌーボーの夕べを開催しました。

我が家も含めて、4家族。それぞれ、夫婦&子供連れで、総勢14人の参加となりました。ボジョレーヌーボー1本とおつまみ一品の持ち寄りです。飲み終わってしまった瓶ですが…↓白・ロゼ・赤2本…と誰も相談したわけではありませんでしたが、いい具合に集まりました。

Cimg0320

ボジョレーヌーボーの夕べらしく、あえて、今年の出来を語るならば…白は、やはり、まだできたてだけあって、相当フレッシュ&軽い口当たりでしたが、さわやかに飲めました。ロゼは、白よりはコクがあり、どんな料理にでも合う万能選手、酸化防止剤無添加の赤は、赤なのに、白のようなフレッシュさと酸味、最後に飲んだ赤は、まるで何年か寝かせたかのようなコクがあったヌーボーでした。要は、「どれも個性があって美味しかった」です。

お料理の数々も、日々、仕事に忙しいママさんたちですが、手作りの品々が並び、暖かいテーブルを演出してくれましたちなみにメニューは…

*お手製肉まん(Aちゃんママ)

*鶏手羽元のコーラ煮・ローズマリー入り(Oくんママ)

*カマンベールチーズフライ(Kくんママ)

*シーフードマリネサラダ(Kくんママ)

*鶏手羽中のバジルペースト漬けグリル(私)

*イカのバジルペースト和え(私)

その他、チーズ&オリーブ盛り合わせ、チーズフォンデュ、ナッツ、チョコレートなどなど。

どれもこれも、ワインが進む素敵なおつまみばかりで、子供たちにご飯を食べさせてから、更に、お酒のペースが進み、正直、記憶がやや、曖昧…覚えているのは、楽しかった!!ということだけで、気がつけば、もう夜中の1時を回っていました小さい子どもがいるのに、何ということでしょうか!?でも、ママもパパも、久しぶりに、美味しいワインにお料理で、大勢でワイワイできたのはとても幸せだったのですよ~。許してね。

そんなわけで、次の日は…恐ろしい二日酔いに見舞われ、片づけは旦那様一人でこなしていただきましたもう、しばらく頭は上がりません。とほほ。

ちょっとハーブのいい話

vol.5 バジル

言わずと知れた、ハーブの王様?的存在でもあるバジル。シソ科のハーブなので、日本のシソと同じように、様々に使えるすぐれもの。東南アジア原産なので、暑くないと育たず、日本では、11月くらいまでが収穫の限界。我が家のバジルも、つい10日くらい前に最後の収穫をしました。生では、トマトとの相性が良く、モッツァレラチーズと合わせた、カプレーゼは有名。たくさんの収穫ができたら、にんにく、松の実、塩、オリーブオイルとフードプロセッサーにかけてバジルペーストにすれば、冷凍で1年は保存可能!

上記のメニュー最後の二つ、鶏手羽中のグリルは、ビニールの中で手羽中をバジルペーストで揉み込み、少し寝かせてから、オーブンかオーブントースターでこんがり焼くと、バジルの風味たっぷりのごちそうに変身イカのバジルソース和えは、イカの内臓を取り、皮つきのまま輪っかに切り、さっとゆがいて、バジルソースと和え、塩コショウ・粉チーズで味付けて、ワインのお供に変身実は、イカは小さめの花イカだと、よりやわらかくて美味しいのですよ。是非、来年は、バジル栽培から始めてみませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

冬グッズ

前回の更新から1週間も経ってしまいました…

この1週間でいろいろと変わったことがあり、なかなかパソコンを立ち上げるところまで生活が追い付きませんでした

そうそう、先週末の義兄家族の我が家訪問はなんとか無難に終了。お天気もよく、皆さん、大満足でお帰りいただけました。ホッ

そして、週明けからが問題です。ついに…ついについについにぃぃ!!!やってきたのです!!!雷が雨が雪があられがぁぁぁぁ~~~…そうです、これが新潟の冬の始まりなんです。もう、始ってしまえば、誰にも止められない、自然の脅威です。←これ、新潟に生まれ育った人(代表:家の旦那さん)には何でもない、ただの冬の始まり。でも、雷→雨→あられ→雪のサイクルに、ど~んよりした灰色の空が来る日も来る日も続く天気は、新潟歴5年ばかりの私には拷問以外の何物でもないんですそんなわけで、なにもやる気が起きず、日々の生活を淡々とこなすだけの毎日でありました。

それに加えて、この天気によって、外の遊び場を奪われた我が子供たち。アウトドアーな彼らは、発散場所がない→疲れない→夜寝ない…悪循環を繰り返し、日ごとに寝る時間が遅くなる始末。彼らと一緒に床に入った私は…もちろんそのままご就寝~

Cimg0308いきなり冬が到来したものだから、夜に一人で起きているのも厳しくはなってきました。そこで、最近、愛用しているのが←ゆたんぽです。出産後、冷え性になってしまったので、冬、冷たいベッドで寝入るまでがしんどかったのですが、いまではぽっかぽか昔の人の知恵は素晴らしい

Cimg0309そして、寒くなってから、愛飲しているのがこれ←以前、ルマ・デ・チカさんで、紅茶に合うハーブティーを調合していただいた、「大地の恵」(シナモン、レモンピール、アップルピール、ジンジャー)。体を温めるにはこれしかない!ハーブティーを入れているカップも、最近愛用しています。一人分のハーブをカップに入れて、ちょうどいい濃さになったら、蓋をあけ、ストレーナーを取り出し、蓋をお皿代りにしてストレーナーを置いておくことができます。ちなみに、カップの横のコースターはフェルト製。温かみがあり、ネコも気に入ったので購入しました。

Cimg0310今日は、また、さらに寒くて、家での事務仕事は体に堪えます。暖房をかけていても、上半身は暖かいのですが、足もとが寒い耐えられず、足湯をしました。外にハーブを取りに行くのも嫌だったので、以前購入して、とてもまずかったカモミールのティーバッグをいくつか取り出し、浸出液を作り、水で薄めて足湯をしました味もまずかったので、香りもやっぱり悪く、アロマの効果はゼロでしたが、やはりハーブはハーブ。お湯がまったりと足に絡みつき、温まりました。

1週間で、もう冬がやってきましたが、家でのひとときに少しアイデアを加えることで、ちょっとは気が晴れるものですね。いやだいやだと言っていても、天気は変わってくれません。自分の考え方を変えるしかないのでしょうか。まあ、北欧の人々に比べれば、断然恵まれた冬なのかもしれません。ちょっとずつ、家での温かで、ゆったりとした過ごし方を身につけていきたいものです。ハーブな冬の研究を始めなければ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)