イベント

かたごはん

かねてからず~っと、ず~っと行きたいと思っていた「かたごはん」。

「かたごはん」は「福島潟の早朝散歩をして、その後みんなでごはんをいただきましょう!」の略称?!なんです。(たぶん・・・(^^ゞ)そう、新潟の北部にある「福島潟」は四季を感じさせてくれるとても素敵な自然が残されている場所です。詳しくはこちらへ→

その福島潟にて、月一度行われるのが「かたごはん」。朝6時半に集合し、地元のおじちゃんのガイドに付いて、その季節の福島潟を堪能できる散策をします。その後、昔の茅葺屋根の民家にて、スタッフの方々が準備してくださった季節のごはんをいただきます。

・・・楽しそうなイベント!でも、日曜日の朝は早起きが苦手な我が家・・・(というか、私が苦手((+_+)))そんなわけで、なかなか踏ん切りがつかなかったのですが、今月は夏休み中ということもあり、知り合いのみなさんのススメで張り切って行きました!!

042

・・・が・・・見てください・・・この天気。さ~む~い~~~雨がしとしと、途中でどしゃどしゃ降ったこの朝。それでも、せっかく来たのだから!と傘を片手にひたすら歩きます。・・・でもね、この自然、雨でも本当に美しかったこの画像も、私は山々のグラデーションが水墨画のように見えたし、雨の粒が落ちた潟の水面の波紋もこんな景色にはぴったり。サギも姿を見せてくれたし、ちいさな赤ちゃんバッタも子供に着いてきたのです。雨でも、自然の営みは変わらず、晴れている時には見られない瞬間もありました。私は、娘の手を引き、寒いから・・・と引き返しましたが、その途中のゆるやかに流れる時間は何とも贅沢。最近、子供の手を取って傘をさして歩くことなんかなかったなあ・・・としみじみ。草や、雲や、雨の話題で子供とゆっくり語り合えるなんて幸せだなあ・・・と。

043

途中、振り返ってみたら・・・なんともそそられる並木道。あの先には、どんな物語があるんだろう??

045 

原っぱ一面の蕎麦の花。ああ、もうすぐ秋なんだ。

044

さあ、終点の「潟来亭」(かたらいてい)だ!お腹が空いたねえ~~

046 

こんな贅沢な景色を眺めながら・・・

047

今日の「ごはん」をいただきます!!

048

どれもこれも美味しかったけれど、子供に人気だったのは「とうもろこしごはん」☆とうもろこしの甘みとちょっとの塩味。絶妙でしたお散歩をして、体も目が覚め、お腹が空いたと感じた時のごはんはこんなに美味しかったんですね。朝が苦手で、朝ごはんは食べないことが多い娘が無言でごはんを食べているのを見て、やはり早起きは大切なことなんだなと改めて感じました。

今後もできるだけ?!参加をしたいと思います。お誘いくださったみなさん、ありがとう!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小春展

026

随分まえから楽しみにしていた小春展。先週の土曜日に出かけてきました。さまざまなジャンルで、「紡ぐ」方々が、県内外問わずに一堂に会し、素敵な空間を作りだすイベントです。見て楽しく、食べて美味しい、買って嬉しいそして、なんだかどこにいても心ウキウキさせられる不思議なイベントです。

021

会場の「北方文化博物館」はかつて新潟の沢海(そうみ)という地域で豪農として知られていた伊藤家のお屋敷をそのまま保存してある場所です。その一角で行われた小春展。会場内の真ん中にはこんな風に田んぼがあり、刈られた稲が干されている風景が見られたりもします。

017

相変わらず、お屋敷の大広間から眺める庭園は素晴らしい!夜にはこちらで「アン・サリー」さんのライブも行われました。

025

子供たちを連れて行きましたが、いいお天気と美味しいものに助けられ、何とか全てをじっくり見られたような気もします。そうそう、今回の戦利品(?)はこちら↓

029   

おほほ…食べ物ばかりと笑わないでくださいね(^^ゞ「にむらや」さんのおまんじゅうに、おともだちチョコレート、「パティスリー フルール」さんのキャラメルタルト、ガトーショコラ、マロンケーキ、アップルパイ、「LIFE」さんのビスコッティ。そして、敷いてあるのは、「store room」さんの大判リネン。まだまだ、手に入れたい一流品はありましたが…今回はしっかり目に焼き付けてきました!!(←我慢しました…

だって!!今回は「アン・サリー」さんのライブに行ったんですもん!!

028

昼間のにぎわいとは違った荘厳な雰囲気の入り口。一人きりでライブに向かうなんて、ものすごい贅沢です

027

先ほどの大広間はこんなふうにライトアップされ、ライブが行われました。残念ながら、会場はものすご~~く暗かったのでフラッシュ付きの写真撮影は遠慮してみました。あまりに素敵なライブで写真撮るのを忘れてもいましたが…(^^ゞ

特に良かったのが、まだ作られたばかりで世に出ていないという新曲「新しい朝」。目を閉じて、聴いていると本当に朝の気分になってくるから不思議。この歌詞や曲調がじじ~~んと心に響いて、少し涙ぐみました。今の自分は、周りに支えられ、愛する人々がそばにいて、朝を迎えられることが本当に幸せなことなんだ…と。ライブ後には興奮冷めやらぬまま、アン・サリーさんの握手&サイン会に早々2番目をゲット。手を握り締め、「新しい朝、本当に良かったです!!今の自分は幸せなんだと感じさせられました!」と鼻息荒く伝えて帰ってきました…きっと、アン・サリーさん、びっくりしていただろうなあ…。でも、どうしても伝えたかったんです。ぜひ、この新曲が出たらみなさんにも聴いてほしい1曲。

素敵な秋のイベント、いい1日を過ごしました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋とjazzと古いもの

先週の土曜日、以前から気になってはいたものの、スケジュール的に無理があり行けないかも…と思っていたイベント「十一月ノハジメ」へ出かけてきました。

子供の保育園の行事があったり、ちょっと自分の用事があったり…など、行くつもりではなかったのですが、イベント情報を共有している(?)友人Yちゃんとたまたま保育園行事中にこのイベントの話になり…「お天気もいいし、子供達もみんなが一緒なら楽しいだろうし、行っちゃう??行っちゃえ~~」みたいなノリで出かけました

子供たちにお昼を買ったり、途中寄り道したのでなかなか現地に行きつけなかったのですが、無事、一つの目的、「jazzライブ」には間に合いました!!

064

イベント会場は、新発田の「清水園」。江戸時代の旧新発田藩の下屋敷だったところだそうで、昔の足軽長屋や見事な庭園など、「古き良きもの」が綺麗に手入れをされ、残されている場所です。ちなみに、写真は、入り口から長く伸びる道で、馬術を練習していたのだそう。それを聞くと、馬の蹄の音が聞こえてきそうな雰囲気がしませんか??

手仕事の雑貨屋さんや、美味しいものの集まるみそ蔵横の「書院」にて、今回はjazzのライブがあるとのことで、早速会場へ…

066

どうです?この雰囲気!ギターリストの山崎英夫さんと、ベーシストの横田康雄さんのデュオ。バックの景色が…もう、何より助演賞jazzの音は去ることながら、お二人のシルエットと庭園の景観が一幅の絵のようで、それはそれは心地の良い空間でした。演目も素敵なセレクトで、ジャズのスタンダードナンバー「枯葉」を始め、マイケルジャクソンの「Human Nature」やシンディーローパーの「Time after Time」などのポップスも見事にジャズに変身していました先日、旦那の店のイベントでお願いしたジャズ・ライブも山崎さんと横田さんのデュオでしたし、さすがに多くの場をこなしているだけあって、お二人の息はピッタリ!本当にいい時間を過ごさせていただきました

067_2←その後、みそ蔵へ戻り、もう店じまいの時間も迫っているというのに、のんびりお店やカリスマ作家さんの作品の数々を眺めさせていただき…

069古道具のjunkさんの喫茶室にて、美味しい珈琲を飲みつつおやつもいただき…

070_2目を付けていたきものや骨董のお店「丸村」さんにて、古着物の帯をゲット。

065_2心地よい秋の気分を味わいつつ、家路に着きました…

こんな素敵なイベントを企画できるなんて、素晴らしいですね!!関係者のみなさま、お疲れさまでした☆空間を生かしつつ、古いものたちや音楽という芸術までもその空間に組み込んでしまえるそのアイデア、本当に脱帽です。ぜひ、また季節のいい時にこのようなイベントにでかけられることを願っています。新潟の秋、バンザ~イ

| | コメント (0) | トラックバック (0)